スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバルがあらわれた!

よろし世紀2007年

マスターによって生み出された最高傑作である梅よろしと檸檬よろしに、最強の刺客が3体仕向けられた…。



エナジージム、Tihaピーチティー、こんがりミルクセーキ。



マスターはバイト先に赴き自販機を目にした瞬間、絶句した。
エナジージム、ならびにピーチティーが入って早々売り切れていたのである。

それは明らかによろしのピンチだった。
新鋭の登場により、よろし一族の時代は終焉を迎えようとしている。

一体なぜこんなことになってしまったのだろうか。
マスターの体の底から、ふつふつと怒りが湧きあがってきた。
俺になんの相談も無く自販機の中身を入れ替えるとは許せない。
マスターは決心を固めた。
この状況を作り出した犯人を、かならず突き止めてみせる。
突き止めて、よろし飲み放題の刑に処してやろうと。

マスターのバイト先を舞台に、よろしをめぐるとてつもない黒い陰謀が動き出していたのだった。





まず調査の第一段階。
首謀者探しから行動を開始するマスター。



でも、何も手がかりはなかったので、はしょる。



そしてマスターはものすごい過酷な捜査の末、ある事実を思い出す。

そういや俺、自販機に何いれてほしいかメモにまとめて、自販機に貼っておいたっけ…



まあそういうことです。
マスターがドリンコさんに要望書を提出し、入ってきた商品達なのです。



てなわけで、マスターが犯人だったので、よろし飲み放題の刑はマスターが受けます。
てなわけで、えじゃヌンはよろし用意しておくように。
いつでも飲む準備は万端ですよー!!プォ~ウ!!
スポンサーサイト

たまには

よろし以外の話題だけってのもいいんじゃないかな、ウン。


先ほど、クレヨンしんちゃんオトナ帝国の野望を観た。
この作品はオトナ達が懐かしさを追い求めてしまうのを利用し、オトナ帝国を作ろうともくろむ者達と野原一家が闘う映画である。

なのにマスター自身が「オトナ帝国懐かしいな~久しぶりに観てみるか」とこの作品を手にしてしまった。
なんという矛盾。

考えてみれば、僕ももう既に懐かしさを追い求める世代となりつつある。
ゲームセンターCXというファミコンやスーファミを扱う番組にハマり、スーファミをやりまくっているのもその典型だ。


近年世間においても、三丁目の夕日という映画が大ヒットした。
昔の町並みをリアルに再現し、人と人との繋がりを描き、大人達の心を古き良き時代に引き込んだこの作品。

しかし三丁目の夕日の世界は、オトナ帝国が無理矢理作り出した世界と非常に似通っているのである。
昔を懐かしむということは、未来に希望が持てない現状の裏返しとも考えられるのではないだろうか。

懐メロという言葉が生まれ、べーゴマが再び流行り出し、昔のアニメや漫画、ゲームが持てはやされる現代。
あの頃はよかったと、心を休め一時の休息に浸るのも良いとは思う。

だが、考えてみてほしい。
僕らが懐かしむ過去の世界、過去のモノ、過去の自分とは一体何だったのかと。
僕らの思うあの時代は、本当に何もかもが最高だったのだろうか?


そんなこと、ありえるはずない。
当時の僕らだって、ただ毎日を無邪気に過ごしていたわけではないのだ。

子供なりに苦しんだこと、悩んだこと、辛かったこと、悲しかったことが必ずあるはずだ。
今となってはそれも良い思い出かもしれない。

しかしその時の僕らは、良い思い出どころではなかったはずだ。
必死で立ち向かい、必死で逃げ、助けを求めたはずだ。
よく思い出す楽しかった思い出とは、膨大な過去の記憶から抽出した、ほんの一部の甘美な汁の一滴なのである。
きれいなリンゴと虫食いのリンゴ、どちらかを選べと言われれば、きれいなリンゴを選ぶに決まっている。


「思い出は優しいから、甘えてはいけない」
そんな名言を思い出した。

過去を大事にすることはとても大切なことだ。
人間は、良くも悪くも、過去を吸い込んで成長しているから。
しかし過去に縛られ、現在を見ようとしなかった者の未来は、明るくなることはないだろう。
過去というものは「今を生きる」ことをしたからこそ、存在することを忘れてはならない。



ふと思う。
僕自身は、今を生きているのか。
過去にとらわれず、前進していけているのだろうか。
正直わからないけど、たぶん、大丈夫だと思う。
前を見て進んでいる時は、自分の足跡には気づかないから。

未来を掴むなんて大それたことは、僕には到底言えない。
だけどそれでいい。
小さな幸せを掴み、守ってゆくことができれば。

この平凡な毎日がどれほど素晴らしいものなのか。
今を頑張ることができれば、将来それに気がつけると思う。
でも、振り返るのは一瞬だけでいい。
思い出は、優しすぎるから…。















ふあ~~~、久々によろグ書いたら疲れた。
文章て書き始めると止まらなくなるもんだね。


とりあえずちょっと眠くなってきたしなんかタルいんで、今日は学校やすむ。
別にいいんんじゃねーかな、出席とってないし最後のテスト簡単な授業だし。
大学なんて行ったってべつに勉強できるようになんねーしな!
それより大切なのは、今を生きる!今を生きるですよ!ねぇ!

よっしゃあそうと決まれば、スーファミのエキサイトステージ94で白熱しちゃおっかなー!

キィックオゥフ
プロフィール

マスターよろし

Author:マスターよろし
激熱!!超戦士スーパーDXマスタープロフィール!!!

年齢:竹原の背番号

性別:よろメン

職業:自販機に愛をつめる仕事

性格:トガってるぜ

部屋:きたないぜ

朝食:パンだぜ

コンビニのシート:巻き込むぜ

コンビニのレシート:お財布にそっと忍ばせるぜ




*マスターの友人一味


ぽんぺい

言わずと知れた孤高の存在ぽんぺい。
その眼光の鋭さたるや、一睨みで梅よろしを2~3本倒す程である。
だが切れ者である表の顔とは裏腹に、内面に優しさを秘めたコミカルなニートである。
でもほんとはニートじゃない。

今年の大河ドラマは坂本龍馬である。
尊敬する著名人は?というアンケートを今したとするならば、龍馬がダントツの1位になることは間違いないであろう。
だが忘れないで欲しい。
成田にはまだ夜明けを見ぬ一匹の龍が眠っているのだ…。おふとんで。


じゅんさん

本名に「じゅん」が何一つ組み込まれていないのにあだ名がじゅんさんな男、それがじゅんさんだ。
その行動力たるや「東北クリネックススタジアムで野球見たい」と思った瞬間、千葉から仙台まで車で行っちゃうくらい凄まじい。

暴れジェントルマンの異名を持つじゅんさんだったが、今や紳士のスポーツであるダーツをたしなむ本物のジェントルマンになりつつある。
踊るジェントルマンを目指すマスターも負けてはいられないところだ。

ここで一句。

じゅんさんを 優しく見守る 父としお

ご静聴ありがとうございました。


えじゃヌン

マスターとの腐れ縁歴12年を誇る歴戦の猛者、それがえじゃヌンだ。
マスターが真面目な時も、壊れた時も、18禁のえげつない下ネタに走った時も、いつでも見守ってくれていた心優しき男。
彼もまたダーツをたしなむ紳士である…と見せかけて、ダーツバーで女子をどうにかしたいと目論むド変態である。
自重しろ!!

最近、終売となってしまったぶどうよろしを自室の部屋の隅から発掘するという奇跡体験アンビリーバボーがあったらしい。
飲まずにお守りとして持っておくと良いと思う。
2本あるなら1本は観賞用、もう1本は保存用にしておいてくれ。

あと音のしない屁はやめてくれ。
死ぬかと思った。



はげたか

元気いっぱい!おっす!オラはげたか!
っぽい感じの人。
人呼んで平成のナイスユニーク。

彼女がいなくたって、お金が無くたって、笑顔があれば生きていける…それをマスターに身をもって教えてくれた素晴らしい友達です。
かといって、マスターにチューしようとするのはいけないと思う。
せめて唇だけは生涯守り通す決意をしました。

マスターとはげたかが絡むと、ヒョッヒョ~イ!みたいなノリになる。
子供2人の悪ノリなので周りは手をつけられなくなるのだ。
早いとこ2人そろって幼稚園を卒園できるようにがんばりましょうぜぺろろ~んwww

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。