FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅猿 YOROT OF LOVE

先日、俺はバイト先でレジを打っていた。
はぁ・・・かったりぃ。
野球やりてーとか思いながらボーっとしていた。



すると次の瞬間、ぽんぺいが顔を真っ青にしながら俺のもとに駆け込んできた!!



ぽんぺい「たたた!!!たったたたたたたたたたた!!!!」

マスター「どうしたぽんぺいそんなに慌てて。ははぁさては斬新なラップでも思いついたか?ヘイ!!タッタター!!フゥ!!タタタタァァ!!YO!!」

ぽんぺい「いや違うよマスター!それにその変な踊り最高にカァッコイイみゃあ!!!」

マスター「だろう!イケてるだろう!ハラージュ系(原宿系)全開だろう!っていうか用件はなんだよ」

ぽんぺい「ああっ・・・そうだった!た、大変なんだよ!梅よろしが詰まって出てこないんだ!!」

マスター「なにぃ!?なんてこった・・・貴重な梅よろしの危機とは!」

ぽんぺい「お願いだマスター・・・俺の梅よろしを助けてくれ!情けないが俺には・・・どうすることもできなかったんだ・・・(小銭が無くて)」

マスター「まかせろぽんぺい!必ず救い出してみせるぜ!俺にしかできねぇ仕事だからな・・・(小銭持ってるから)」

ぽんぺい「よし!じゃあレジは俺がしばらくかわっておくから。頼んだぜ・・・気をつけてなマスっち・・・」

マスター「フン・・・俺を誰だと思ってやがる。大型パナマ船籍に乗ったつもりで待ってな・・・ぽんちゃん」



梅よろの救出には相当な困難を伴う。
現場に向かいつつ、事故状況を頭の中に思い浮かべながら救出計画を練る。
そんで現場は走って5秒だったのですぐ着いた。

すぐさま被害状況を確認。
梅よろしは取り出し口から少しだけ顔をのぞかせている。
手で直接取り出すことは不可能に近かった。
やはりここは100円を投入し、梅よろの購入ボタンをパワープッシュ、そして梅よろの落ちる勢いで詰まった梅よろごと救出するしかない!!



俺はおもむろに100円玉を取り出した。
そして100円を握り締め、元ヴェルディ川崎ビスマルクのポーズをする。

俺は神に祈っているわけではない。
レスキューの現場に神などいないからだ・・・。
自分を信じ、精神を高める。


ぽんぺいの声が頭の中に残っている・・・


(おねがいだマスター、俺の梅よろしを助けてくれ・・・くれ・・・くれ・・・くれ・・・)

(気をつけてな・・・マスっち・・・っち・・・っち・・・っち・・・)

(最高にカァッコイイみゃあ!!みゃあ・・・みゃあ・・・みゃあ・・・みゃあ・・・)



必ず、救い出す。



100円を投入口に近づけ、一気にねじこむ。
そしてすぐさま梅よろしボタンを押す。

このレスキューはスピードが勝負だと俺は直感的に感じていた。
なぜならば梅よろしを窮屈に詰まらせたままでは鮮度が急激に落ちてしまうからだ。
これは広い牧場で良いエサを使って育てた牛がおいしくなるのと同じ原理である。



梅よろがガコンという音とともに落ちてくる。
俺の願いはただ1つだけだった。



「これでさらに当たり出て梅よろ3本一気に出てきたら激熱」



まあその願いは3秒くらいでチリと消えたわけだが(5556でした。死にたい)新しく買った梅よろは詰まった梅よろに見事クリーンヒット!
2つの梅よろが取り出し口に転がり落ちました!



マスター「やった!やったでー!ワイは梅よろを救い出したんやー!!!」

ぽんぺい「わぁい!!今夜は夜通し梅よろ祭りだー!!ひゃっほーぅ!!!!」

マスター「それは現実的に考えて絶対に無理だよ。仕事があるからね」

ぽんぺい「うん、冷静に考えたらそうだね」

マスター「じゃあ俺レジ戻るから」

ぽんぺい「うん、わかった」





ハッピーエンド・・・☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マスター、何その冷めた反応。ひどいよー!
てか、いい話だな~!映画化するしかなくねえ?
ビスマルク…懐かしい!!

いや、改めて思い起こすとお恥ずかしい……。

でもこれはもちろんのんふぃくしょんだし感動もんよ?実際。

なんつーか連携ぷれいっつーの?

なんだっつーの?

詰まるなっつーの。
梅よろ飲みたいっつーの。

できれば当たればいいっつーの。

タダにしてくれればいいっつーの!

と、とりけらとぷすの…つーの!!!
(字余り)

超絶にフィクションですけど

ぽんぺい勝手に使ってごめんよ。
10㌫くらいしか事実は含まれていませんので皆様ご注意を。
プロフィール

マスターよろし

Author:マスターよろし
激熱!!超戦士スーパーDXマスタープロフィール!!!

年齢:竹原の背番号

性別:よろメン

職業:自販機に愛をつめる仕事

性格:トガってるぜ

部屋:きたないぜ

朝食:パンだぜ

コンビニのシート:巻き込むぜ

コンビニのレシート:お財布にそっと忍ばせるぜ




*マスターの友人一味


ぽんぺい

言わずと知れた孤高の存在ぽんぺい。
その眼光の鋭さたるや、一睨みで梅よろしを2~3本倒す程である。
だが切れ者である表の顔とは裏腹に、内面に優しさを秘めたコミカルなニートである。
でもほんとはニートじゃない。

今年の大河ドラマは坂本龍馬である。
尊敬する著名人は?というアンケートを今したとするならば、龍馬がダントツの1位になることは間違いないであろう。
だが忘れないで欲しい。
成田にはまだ夜明けを見ぬ一匹の龍が眠っているのだ…。おふとんで。


じゅんさん

本名に「じゅん」が何一つ組み込まれていないのにあだ名がじゅんさんな男、それがじゅんさんだ。
その行動力たるや「東北クリネックススタジアムで野球見たい」と思った瞬間、千葉から仙台まで車で行っちゃうくらい凄まじい。

暴れジェントルマンの異名を持つじゅんさんだったが、今や紳士のスポーツであるダーツをたしなむ本物のジェントルマンになりつつある。
踊るジェントルマンを目指すマスターも負けてはいられないところだ。

ここで一句。

じゅんさんを 優しく見守る 父としお

ご静聴ありがとうございました。


えじゃヌン

マスターとの腐れ縁歴12年を誇る歴戦の猛者、それがえじゃヌンだ。
マスターが真面目な時も、壊れた時も、18禁のえげつない下ネタに走った時も、いつでも見守ってくれていた心優しき男。
彼もまたダーツをたしなむ紳士である…と見せかけて、ダーツバーで女子をどうにかしたいと目論むド変態である。
自重しろ!!

最近、終売となってしまったぶどうよろしを自室の部屋の隅から発掘するという奇跡体験アンビリーバボーがあったらしい。
飲まずにお守りとして持っておくと良いと思う。
2本あるなら1本は観賞用、もう1本は保存用にしておいてくれ。

あと音のしない屁はやめてくれ。
死ぬかと思った。



はげたか

元気いっぱい!おっす!オラはげたか!
っぽい感じの人。
人呼んで平成のナイスユニーク。

彼女がいなくたって、お金が無くたって、笑顔があれば生きていける…それをマスターに身をもって教えてくれた素晴らしい友達です。
かといって、マスターにチューしようとするのはいけないと思う。
せめて唇だけは生涯守り通す決意をしました。

マスターとはげたかが絡むと、ヒョッヒョ~イ!みたいなノリになる。
子供2人の悪ノリなので周りは手をつけられなくなるのだ。
早いとこ2人そろって幼稚園を卒園できるようにがんばりましょうぜぺろろ~んwww

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。